バストアップクリームでニキビができる?ニキビがなくなる?

バストアップクリームによる女性ホルモンの過剰摂取でニキビができることも

バストアップクリームを使用するとニキビができることってあるのでしょうか。その可能性は考えられます。それには女性ホルモンである「エストロゲン」が関係しています。多くのバストアップクリームに含まれているプエラリアには大豆の約40倍のイソフラボンが含まれておりこのイソフラボンが女性ホルモンのような働きをすることが知られています。そのため、過剰摂取となりホルモンバランスが崩れてニキビができるということが起こると考えられます。

「クラブ ホルモンクリーム」ならバストアップもニキビ改善もできちゃうかも!

でも逆にバストアップクリームによってニキビが予防できるという話もあります。それは今話題の「クラブ ホルモンクリーム」。「ピリドキシンHCI」はビタミンB6の一種で、皮膚炎になりにくくなる効果や皮脂分泌抑制効果があります。そのためニキビにも効果があると考えられています。また「カミツレエキス」も配合されています。これは抗アレルギーや抗炎症作用、保湿効果があるため美肌に役立つを言えますね。そして、「エチニルエストラジオール」。人工的作った女性ホルモンで、保湿成分となり、男性ホルモンを抑える働きもあります。保湿、美白、毛穴が目立たなくなる、ニキビの予防や改善、ムダ毛が薄くなる、バストアップが期待できる、女性に嬉しい効果がたくさんあるバストアップクリームならぜひ使用してみたいですね。